英語の力を身につけていくために、子ども達が無理なく楽しみながら毎日英語を
レッスンすることができる英語学習システム(サイバードリーム)を導入しました。

 この三つをこどもたちが感覚として覚えていけるようにすることです。
 日本語でも英語でも、コミュニケーションを図る際に重要視されるのは言葉ですが、 その前に大切なのは、相手の言葉を聞き取る耳を持つ事です。英語を聞き取ることの できる耳を育てることにより、聞いた発音も声に出すことができ、発声、アクセント といった感覚を身につけることができるようになります。
  子供達は非常に耳が良く、吸収も早いので英語の単語などはすぐに覚えてしまうでしょう。 ですが「たくさん覚えた=英語の基礎ができている」と言われれば疑問です 単語や歌は触れ続けていないと忘れてしまうからです。これから単語を覚える機会はたくさんありまが、 英語の耳を育てることのできる期間は子供の耳が柔らかい今が一番適しています。
 今回導入し学習システム(サイバードリーム)は、幼児期に必要な英語教育は 「単語をたくさん覚える」ことではなく、「英語を聞き取れる耳、そして感覚を育てる」 ために作られた、楽しみながら毎日学べるツールです。










英語の感覚、基礎を育てるためには「いつでも聞いて話せる環境と毎日の繰り返し」が必要になります。

英語じっくり聞き、発音になれる
聞いた発音を(繰り返す)ことで発音になれる
繰り返し発音をすることでアクセントの覚を覚える

上記3つを毎日すこしずつ(10分程度)繰り返すことによって子供たちは日々その 感覚を身につけていくことができます。 英語学習システム(サイバードリーム)は 簡単に、いつでもすぐに、をコンセプトにしています。給食の前、保育の後、 お帰りの会の前、「すきま」の好きな時間に 毎日10分程度 おこないます。











子供たちにとっては慣れ親しんだ先生が英語を教えてくれることによって、 英語に対してのハードルがぐんと下がり「先生がするから、英語が好き!」というように 親しみやすくなっていくのです。日本語で子供たちの興味関心を引き出してあげ、 英語の楽しみを伝えてあげる。
それが担任の先生の役割なのです。








水泳・水中活動は幼児に最適な全身運動。水慣れから水遊び、泳法までみんな楽しく!!
親切指導だから初めてでも安心!!
前橋スイミングスクールは、さまざまな安全な工夫がされています。 プールサイドなどの床面を滑りにくく柔らかい素材を使用したりと 万が一の転倒での怪我を防止しています。前橋スイミングスクールの水処理装置での 水質は子供の肌によく、小児ぜんそく効用があるだけではなく アトピー性皮膚炎にもよいものです。










 ただ単に教え込むのではなく、子供達の歩調に合わせて自然に うち込めるように無理なく教えて行くのが
前橋スイミングスクールの特徴です。楽しみながらプールで体を動かし、 次第に泳法の練習へと気持ちを向かせ、
「やればできる」という自信をもたせることができます。


教育理念
園生活
特長
英語教育
水泳教室
子育て支援
入園案内・募集要項
アクセスマップとバス
治癒証明書
ページトップ
トップ